メレノート

♪Huʻehuʻe│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[フエフエ]

Huʻehuʻe
(作者:Rose Simerson)

Keiki mai au no Huʻehuʻe
Kīpuka ʻili aʻo kani ka uwepa

Ka waiho laulā kaʻu aloha
Kuʻu lio puakea haʻa i ke kula

Maikaʻi Huʻehuʻe e waiho nei
Hoʻokahi nō hewa he ulua ʻole

Ua hoʻi  ka ulua i Kahaluʻu
I ke ani peʻahi lau o ka niu

Haʻina ʻia mai ana ka puana
Kīpuka ʻili aʻo kani ka uwepa

1.曲名

Huʻehuʻe
フエフエ

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

The Kahauanu Lake Trio
カハウアヌ・レイク・トリオ

3.作者

Rose Simerson
ローズ・シマーソン

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

4.地名

このメレには地名がふたつ登場します。

  1. Huʻehuʻe フエフエ
  2. Kahaluʻu カハルウ

5.固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名は登場しません。

6.動植物

このメレには動物の名前がふたつ登場します。

  1. lio リオ



  2. ulua ウルア

    魚、アジ

7.一言解説

♪ケイキ〜・マイ・アウ〜・ノ・フエフエ・エ〜ア・エア♪
という歌い出しの、ハワイ島コナの牧場エリアを舞台にしたメレ。

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

よしみだいすけのオンデマンド講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

楽しくハワイ語を学びたいあなたは
画像をタップ!