メレノート

ハワイアンソングの歌詞と意味│♪Queen’s Jubilee

フラ・ナビゲーターよしみだいすけがフラダンサーに贈るメレ・ノート。ハワイ語で歌われるフラソング「メレ」の歌詞と訳詞、補足情報をまとめていきます。
今日のメレは『Queen’s Jubilee』(クイーンズ・ジュビリー)です。

ひとこと解説

♪マ〜ハ〜ロ〜・ピ〜ハ〜・モイ・オ〜・エネラ〜ニ〜♪
という歌い出しのリリウオカラニ女王のペンによる名曲。
歌詞のエネラニ(ʻEnelani)はハワイ語でイギリスのこと。
1887年、48歳のリリウがこの歌に込めたのは、兄のハワイ国王カラカウアの代理でカピオラニ王妃とともに出席した、イギリスのヴィクトリア女王50年式典に臨むハワイ王国代表の思い。

歌詞&訳詞

Queen’s Jubilee
(Queen Liliʻuokalani )

Mahalo piha, Mōʻī o ʻEnelani
Kuʻi kou kaulana nā ʻāina a pau
Nā kai ʻākau nā one hema
ʻIkea kou ʻihi mana nui
Eia mākou i kou kapa kai
I kou lā nui jubilī
I hiʻi mai i ko mākou aloha
Ma luna ou ka malu o ka lani

Hauʻoliʻoli ʻEmepela o ʻĪnia
I kēia makahiki Jubilī
ʻĀkoakoa nā aliʻi ʻaimoku
A puni ke ao holoʻokoʻa
E hiʻilani, e mililani
Ua hui pūʻia me Hawaiʻi
E uhi mai ka lani i kona nani
E ola ka mōʻī ke akua

クイーンズ・ジュビリー
(訳詞:よしみだいすけ)

感謝の気持ちをイギリス女王陛下に
あなたの名声はすべての国に届いている
北の海から南の浜まで
あなたの神聖なる力は知れ渡る
ここに私たち、あなたの地へ
あなたの式典の日
私たちのアロハを届けに
神のご加護がありますように

喜びの時、インドの皇后陛下
この式典の日に
王たちが集う
世界の国々から
たたえ、賛美するために
ハワイの我らとともに
天に広められるこの美しさ
女王陛下万歳

このメレの歌詞にあるハワイ語の全単語を、この本で調べることができます。

歌詞の中のキーワード

ハワイ語の歌の意味を知るために最初にチェックしたいのは、歌の中のキーワード。地名・人名・固有名詞や植物・動物の名前を探します。このメレには二つあります。エネラニ(イギリス)イーニア(インド)です。

Mōʻī o ʻEnelani=イギリスの君主
ʻEmepela o ʻĪnia=インドの皇帝

どちらもヴィクトリア女王のことです。

イギリス女王在位1837年から1901年。在位50周年式典(ジュビリー)が1887年に行われ、ハワイ王国からはカピオラニ王妃とリリウオカラニが参加したのでした。

だいすけの私的解説

「女王の式典」という意味のタイトルにある「クイーン」は、リリウオカラニ女王のことではありません。このメレをリリウが書いたのは1887年、彼女が王位を継承する4年前です。歌の中のクイーンはイギリスのヴィクトリア女王。兄カラカウア王の代理でカピオラニ王妃とともに式典出席のためイギリスへ旅した際、リリウがヴィクトリア女王をたたえて書いたのがこのメレなのです。

この旅をきっかけに、『クイーンズ・ジュビリー』という名曲が生まれ、また、後のハワイアン・ジュエリーがもたらされることになります。長い船旅の思い出を綴って、彼女はこんなことを書いています。

海の上での長い時間をどのように使うかによって、その人の個性が表れるのはとても興味深いことでした。私自身はもちろん音楽に向かうのが自然の成り行きでした。幸せなときも悲しみのときも、いつだって音楽が私にとっての慰めですから。

音楽を心から愛したリリウオカラニが、数年後、自らがハワイ王国最後の「クイーン」となって激動の歴史に巻き込まれていくことを思うと、複雑な気持ちになりますね。

リリウオカラニの銅像は、イオラニ宮殿の裏手、Hawaii State Capitalの敷地内にあります。

この記事のYouTube動画

この記事の内容を動画でも解説しています!

 

よしみだいすけのセミナー情報
  • オンラインセミナー(Vimeoオンデマンド)はこちら
  • 各地で開催しているハワイ講座・セミナーはこちら