NEWS

2020年版「ナ・ホク・ハノハノ」レポート

ハワイの音楽祭「ナ・ホク・ハノハノ」授賞式が、ハワイ時間10月11日に開催されました。
第43回目を迎えた今回は、コロナの影響で5月の開催が10月に延期され、10月の時点でも通常の形態でのイベント実施は不可能という状況のなか、史上初の無観客オンライン・イベントとして開催となりました。

この記事では

ハワイアン・ミュージックの今を知ることができる「ナ・ホク・ハノハノ」で発表された2020年の受賞作品をご紹介します。

だいすけ

↓めくっていくと全ての受賞結果が見れます

注目カテゴリー

「ナ・ホク・ハノハノ」賞全40部門の中で、フラダンサーが注目すべきカテゴリーは以下の15部門です。

  1. アルバム・オブ・ザ・イヤー
  2. ソング・オブ・ザ・イヤー
  3. 女性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤー
  4. 男性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤー
  5. グループ・オブ・ザ・イヤー
  6. 新人アーティスト・オブ・ザ・イヤー
  7. フェイバリット・エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー
  8. ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
  9. ハワイアン・ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
  10. ハワイアン・アルバム・オブ・ザ・イヤー
  11. ハワイアン・シングル・オブ・ザ・イヤー
  12. ハクメレ賞
  13. ハワイ語パフォーマンス賞
  14. アイランド・ミュージック・オブ・ザ・イヤー
  15. コンテンポラリー・アルバム・オブ・ザ・イヤー

今年のハイライト

今年もっとも注目を集めたのは、これら15部門中5部門受賞した
ジョシュ・タトフィ

最新アルバム「Ua Kui A Lawa」

  • アルバム・オブ・ザ・イヤー
  • 男性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤー
  • フェイバリット・エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー
  • アイランド・ミュージック・オブ・ザ・イヤー

の4部門、
そしてこのアルバムからのシングル「Melia」

  • ハワイアン・シングル・オブ・ザ・イヤー

の5冠 となりました。

ハワイアンソングの歌詞と意味│♪For the Lāhuiフラ・ナビゲーターよしみだいすけがフラダンサーに贈るメレ・ノート。ハワイ語で歌われるフラソング「メレ」の歌詞と訳詞、補足情報をまとめていきます。 今日のメレは『For the Lāhui』(フォー・ザ・ラフイ)です。...

もうひとつの注目ポイント

今年の受賞結果で特筆すべき点がもうひとつあります。
それは、マウナケア山頂への巨大天体望遠鏡TMT建設に抗議するプロテクト・マウナケア(あるいはアロハ・アイナ)運動と連動して生まれた作品が4部門受賞したこと。

Kū Haʻaheo E Kuʻu Hawaiʻi

ハワイアン・ミュージック&フラ・コミュニティーから著名アーティストが集結してレコーディングされた
「Kū Haʻaheo E Kuʻu Hawaiʻi」は、

  • ソング・オブ・ザ・イヤー
  • ハワイアン・ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー

の2部門受賞。

ハワイアンソングの歌詞と意味│♪Kū Haʻaheo E Kuʻu Hawaiʻiフラ・ナビゲーターよしみだいすけがフラダンサーに贈るメレ・ノート。ハワイ語で歌われるフラソング「メレ」の歌詞と訳詞、補足情報をまとめていきます。 今日のメレは『Kū Haʻaheo E Kuʻu Hawaiʻi』(クー・ハアヘオ・エ・クウ・ハワイ)です。...

Nā Puʻuwai Haokila

人気バンド・ケアウホウのザックが、昨年7月にマウナケア山頂の工事着工を体を張って防いだクプナ(長老)たちを讃えて書いた
「Nā Puʻuwai Haokila」は、
優れたハワイ語ソングライターに贈られる
ハクメレ賞を受賞。

It has been a year since eight kiaʻi offered themselves and awakened a steadfast lāhui in aloha ʻāina. With their hearts…

Keauhou Bandさんの投稿 2020年7月15日水曜日

Kū Kiaʻi Mauna Together We Rise

さらに、プロテクト・マウナケア/アロハ・アイナ運動の活動家女性シンガー、ハーヴァネ・リオス(Hāwane Rios)のアルバム
「Kū Kiaʻi Mauna Together We Rise」
コンテンポラリー・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。

だいすけ

先住ハワイアンを苦しめる社会問題に立ち向かうハワイアン・アーティストたち、彼らの信念と誇りに触れるこれらの作品を、ハワイを愛するフラダンサーはしっかりと受け止めたいですね。

Q&A│マウナケアについてフラダンサーが知っておくべき7つのことフラ・ナビゲーターよしみだいすけがマウナケアについて「ハワイを愛するフラダンサー」の名に恥じない言動と行動のために、最低限理解しておくべき7つの素朴な疑問に答えます。 ...

若手アーティストの活躍

近年、フラダンサーに愛される若手アーティストたちの活躍が目覚ましいのが嬉しい限りです。

ナー・ワイ・エハー(Nā Wai ʻEhā)

昨年新人アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞したナー・ワイ・エハー(Nā Wai ʻEhā)が今年も大健闘。

  • グループ・オブ・ザ・イヤー
  • ハワイアン・アルバム・オブ・ザ・イヤー
  • ハワイ語パフォーマンス賞

の3部門受賞しました。

エイ・ネイ(Ei Nei)

新人アーティスト・オブ・ザ・イヤーは、昨年日本でのイベント仕事でご一緒したときにその実力と人柄を知り個人的に応援していたエイ・ネイ(Ei Nei)の手に!

女性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤー

女性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤーには、もはやこの部門の常連、ナタリーが選ばれました。

ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー

最後に、ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー受賞作品はこちら。
「イズ」ことイズラエル・カマカヴィヴォオレの代表作「Hawaiʻi ’78」が、ハワイのオールスター&子どもたちによって歌い踊られる映像です。

だいすけ

この映像に込められたメッセージが、日本のフラダンサーの心にも届くことを願いつつ、ハワイの今を知ることができる「ナ・ホク・ハノハノ」のレポートを締めくくります。