メレノート

ハワイアンソングの歌詞と意味│♪Poliʻahu

フラ・ナビゲーターよしみだいすけがフラダンサーに贈るメレ・ノート。ハワイ語で歌われるフラソング「メレ」の歌詞と訳詞、補足情報をまとめていきます。
今日のメレは『Poliʻahu』(ポリアフ)です

ひとこと解説

♪ワイマカ・オ~・ポ~リ~ア~フ~・イ・カ・エハ・ア~・ケ~・アロ~ハ♪
という歌い出しで、ハワイ州最高峰のマウナケア山頂に祀られる雪の女神をたたえる。
伝説をもとに書かれたカワイカプオカラニ・ヒューエット作の名曲。テレサ・ブライトやホオケナによって歌われた。
「ここに来て、私の愛する人、帰ってきて、そして抱きしめて」と繰り返される少し悲しげなこの歌は、去っていった恋人への切なる想いが込められている。

歌詞&訳詞

Poliʻahu
(Kawaikapuokalani Hewett)

Waimaka ʻo Poliʻahu
I ka ʻeha a ke aloha
Kaumaha i ka haʻalele
O ʻAiwohikupua

(Hui)
E hoʻi mai e kuʻu ipo
E hoʻi mai a pili kāua
E hoʻi mai
E hoʻi mai ʻoe
E hoʻi mai ʻoe

Anuanu ka ʻiu kēhau
O Mauna kea
ʻAʻohe āna ipo aloha
E hoʻopumehana

(Hui)

Kau mai ka haliʻa aloha
O ka wā mamua
Pūʻolo ka wai ʻōnohi
I kuʻu mehameha

(Hui)

He lei kou aloha
No kuʻu kino
Pili poli hemo ʻole
No nā kau ā kau

(Hui)

ポリアフ
(訳詞:よしみだいすけ)

涙するはポリアフ
愛の苦しみに
辛いのは去ってしまったから
愛しいアイヴォヒクプア

(コーラス)
ここに来て
私の愛する人
帰ってきて
そして抱きしめて
帰ってきて
私のもとに
帰ってきて、あなた

冷たい霜が神聖な
マウナケア
恋人はいない
暖めてくれる人はもう

(コーラス)

愛の思い出が蘇る
あの頃の
瞳にあふれる涙
私はたったひとり

(コーラス)

あなたの愛のレイが
私の身体にかけられ
心を包んで離れない
ずっとこれからも

(コーラス)

このメレの歌詞にあるハワイ語の全単語を、この本で調べることができます。

この歌の歌詞をハワイ語から日本語に一緒に訳すオンライン・ワークショップはこちら

歌詞の中のキーワード

ハワイ語の歌の意味を知るために最初にチェックしたいのは、歌の中のキーワード。
地名・人名・固有名詞や植物・動物の名前を探します。
このメレには三つあります。

ポリアフ
アイヴォヒクプア
マウナケア

ポリアフ(Poliʻahu)とは?

ハワイの神話伝説に伝えられる雪の女神
恋にやぶれた悲しみを胸にハワイ島の山頂に住み、時折冷たい雪で山を覆うということです。
彼女が愛したのはカウアイ島のプリンス。

アイヴォヒクプア(ʻAiwohikupua)とは?

女神ライエイカワイ(Lāʻieikawai)の伝説に登場するカウアイ島のプリンス
美女ライエイカワイを我がものにしようと出た旅の途中で、ポリアフに出会い想いを寄せられます。

マウナケア(Mauna Kea)とは?

マウナケア(Mauna Kea)とは、ハワイ島にあるハワイ最高峰の山の名前。
冬には雪も積もる山頂には、雪の女神ポリアフが祀られています。
名前の由来は…

Mauna(山)+ Kea(白)=白い(雪の)山

あるいは

Mauna(山)+ Wākea(空の父神ワケア)=ワケア神の山

だといわれます。

だいすけの私的解説

冬にはハワイにも雪が降る場所があります。
それがこのメレ(歌)の舞台、ハワイ島マウナケア。このメレがハワイでリリースされたのは1990年の終わり。2020年の暮れに30周年を迎えます。
作詞作曲をしたのはクムフラ・ソングライター、カワイカプオカラニ・ヒューエット。1989年に書かれたこの曲を、従妹のシンガー、テレサ・ブライトがレコーディングしハワイで大ヒットしました。
その後、ホオケナやブラザーズ・カジメロもカバーしたハワイ音楽史に残る名曲です。

ハワイのフラダンサーにとても愛され、数多くのステージで踊られてきました。
日本のフラダンサーの多くが、この美しい歌と出会うことで、ポリアフという名の雪の女神の存在を知ることになりました。
この歌をきっかけにして、さらにハワイ神話に目を向けた勉強熱心な人は、マウナケアがハワイアンの父神、空の神Wākeaの山とされていることも知って、神聖な山マウナケアへの思いを深めたことでしょう。

「Poliʻahu」の作者であるヒューエット氏は、他にもポリアフや他の女神をたたえる美しい曲を今日までいくつも生み出しています。
神話の女神を歌い踊ることを現代のフラ・ピープルに課すことで、自然の中の神聖なるものを崇めることの大切さを現代に伝えます。

そんなヒューエット氏が書いたポリアフの歌『Poliʻahu』と『Ka ʻEha Ke Aloha』を、フラ競技会の最高峰「メリー・モナーク」のステージで踊り優勝したフラダンサーの動画はこちら。↓

だいすけ
だいすけ
伝説の中のポリアフのストーリーについては、改めて記事を後日まとめますね。

オンラインセミナー予告編

オンラインセミナーでは、『Poliʻahu』の歌詞をじっくり・しっかり学べます
予告編はこちら↓

オンラインセミナー購入・視聴方法(Vimeoオンデマンド) フラダンサー向けに、動画サイト「Vimeo」のオンデマンドサイトにて、「フラナビハワイ│オンラインセミナー」をスタートしました!(...
おまけ

マウナケアに案内していただいたときのヒューエット氏。
背後にマウナケアの山頂が見えます。

 

よしみだいすけのセミナー情報
  • オンラインセミナー(Vimeoオンデマンド)はこちら
  • 各地で開催しているハワイ講座・セミナーはこちら