メレノート

♪Waikā│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[ワイカ]

Waikā
(トラディショナル)

Kū aku lā ʻoe i ka malanai a ke Kīpuʻupuʻu
Nolu(Holu) ka maka o ka ʻōhāwai a Uli,
Niniau, ʻeha ka pua o koaiʻe
ʻEha i ke anu ka nahele o Waikā

Aloha Waikā iaʻu me he ipo lā
Me he ipo lā ka maka lena o ke koʻolau
Ka pua i ka nahele [o Mahuleia / ma Hulēʻia]
E lei hele i ke alo o Moʻolau
He(E) lau ka huakai hele i ka pali loa

歌詞のハワイ語表記について
当ブログ内のハワイ語は、基本的に『Hawaiian Dictionary(Mary Kawena Pukui & Samuel H. Elbert 著)』の表記に準じて記載しているため、CDの歌詞カードとは異なる表記になっていることがあります。

1.曲名

Waikā
ワイカ

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

  • The Brothers Caimero ブラザーズ・カジメロ
  • Kamaka Kukona カマカ・クコナ

ほか

3.作者

トラディショナル
メロディー:John Spencer

4.地名

このメレにはハワイ島ワイメアの地名が三つ出てきます。

  1. Uli ウリ
  2. Waikā ワイカ
  3. Mahuleia/Hulēʻia マフレイア/フレイア

5.固有名詞・人名

このメレには固有名詞が二つ出てきます。

  1. Kīpuʻupuʻu キプウプウ

    【固有名詞】ハワイ島ワイメアに吹く冷たい風と雨の名前

  2. Moʻolau モオラウ

    【固有名詞】モオラウ

6.動植物

このメレには植物の名前が三つ出てきます。

  1. ʻōhāwai オハワイ

    【植物】キキョウ科のハワイ固有種。細いラッパ型の花をつける。

  2. koaiʻe コアイエ(コアイアとも)

    【植物】コアによく似たハワイ固有種のアカシア

  3. koʻolau コオラウ

    koʻokoʻolau の短縮形
    【植物】黄色い花をつけるセンダングサ属の植物

7.一言解説

♪ク〜・アク・ラ〜・オエ・イ・カ・マラナイ♪
という歌い出しで、ハワイ島ワイメアの森の光景が描かれるメレ。
カメハメハ王にまつわるチャント「Hole Waimea」の一部にメロディーをつけてアウアナ曲になった。

だいすけ

このメレは、実はすっごく難解。
ハワイの人の間でも共通の認識です。

「どういう歌詞なの?」
「どうして難解なの?」
「どう学んでいったらいいの?」
など、

興味がある方はポッドキャストでくわしく解説していますので、ぜひ聴きにきてね!

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」29語
「糸の言葉」9語

花/糸の言葉の
コンセプト
については

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

よしみだいすけのオンデマンド講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

楽しくハワイ語を学びたいあなたは
画像をタップ!