メレノート

♪Waihānau[ワイハナウ]

この記事は、フラソングのハワイ語詞を自分で理解したい方向けです。解読のためのヒントが得られます。

1.ひとこと解説

♪ワイハ〜ナウ〜・ウ〜ルヴェ〜ヒヴェ〜ヒ〜♪
という歌い出しで、モロカイ島カラウパパの美しい景色を思い出したたえるメレ。

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティストは?

レコーディングしたのは、カイナニ・カハウナエレ。

Kainani Kahaunaele
カイナニ・カハウナエレ

アルバム『Waipunalei』(2020) に収録。

3.歌詞

Waihānau
(作者:Kainani Kahaunaele)

Hui:
Waihānau uluwehiwehi
Hoapili no Wailēʻia

I Kalaupapa, ua maluhia
Hiaʻai ka manaʻo i ke kai malino
I Makanalua, kuʻu lei makalapua
ʻAhukapalili makani hele uluulu

I Kalawao nā luhi o Kamiano
He lei haliʻa no nā kūpuna
I Waikolu ka makani Kiliʻoʻopu
Kīkaha Ahiona, hoʻolaʻilaʻi Mōkapu

Kau mai i luna ʻo Puʻualiʻi
Hāʻupu ka manaʻo
o ka wahine kui lei aloha
ʻO Hoʻolehua i ke kapa ʻehukai
ʻO Kalaupapa, ua maluhia

– Waipunalei / Kainani Kahaunaele

4.作者は?

Kainani Kahaunaele
カイナニ・カハウナエレ

5.解読のポイントは?

解読の難易度

このメレの解読は、舞台であるカラウパパがハワイの歴史上重要な場所であること、またその理由を知っていることが前提となります。

  • 「カミアノ」の偉業
  • 悲しい歴史を経てカラウパパは今どんな場所なのか
  • たくさん紡がれている地名・固有名詞は何/どこを指しているのか

これらのことが解読の鍵になるメレですね。

言葉数:ボキャブラリーは39語とやや多めなので+0.5

言葉の難しさ:ハワイ語初級者には辞書が必要な、メレ頻出度が低めの言葉が3割以上あるので+1

補足情報:歌われている地名の場所はどこか、実際の景色はどんなか、メレの舞台の地理・歴史・文化的知識を持つことで理解が深まるメレなので+1

ということで解読の難易度は3.5

まずは基本文法知識を身につけて、解読に挑戦してみましょう。

このメレの歌詞をしっかり理解したいあなたは、会員限定のポッドキャストと単語リストでより深く学んでくださいね。

“踊らない”フラ教室会員の方は
こちらから直接アクセスできます。

6.キーワードをチェックしよう

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

地名

このメレにはモロカイ島の地名が九つ出てきます。

  1. Waihānau
    ワイハナウ
  2. Wailēʻia
    ワイレイア
  3. Kalaupapa
    カラウパパ
  4. Makanalua
    マカナルア
  5. Kalawao
    カラワオ
  6. Waikolu
    ワイコル
  7. Mōkapu
    モカプ
  8. Puʻualiʻi
    プウアリイ
  9. Hoʻolehua
    ホオレフア

詳しくはポッドキャスト講座で語っています。

固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名が三つ出てきます。

Ahukapalili
アフカパリリ

【固有名詞】風の名前

Kamiano
カミアノ

【人名】ダミアン

Kiliʻoʻopu
キリオオプ

【固有名詞】風の名前

動植物

このメレには動物の名前がひとつ出てきます。

Ahiona
アヒオナ

【動物】鳥の名前

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」39語
「糸の言葉」10語

「花の言葉」と「糸の言葉」ってなに?
…と思った方は次の項目へ。

7.花の言葉と糸の言葉とは?

「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

フラソングのハワイ語は、言葉の種類を見分けることができると解読が簡単になります。
YouTubeでも語っていますので、ぜひ観てね。

「独学ではむずかしい!」という方は、まずはオンライン講座で基本をざっくり学んでしまうのがオススメです。
なかなか日程が合わない方はオンデマンド講座でも学べます。

フラダンサーのためのハワイ語文法が学べるオンライン講座 あなたは自宅から、講師はハワイから、Zoomでつながってハワイを感じながら学べる講座です。 1.どんなことが学べる? ...