メレノート

♪Aia I Līhau Ko Lei Nani[アイア・イ・リハウ・コ・レイ・ナニ]

この記事は、フラソングのハワイ語詞を自分で理解したい方向けです。解読のためのヒントが得られます。

1.ひとこと解説

♪アイア・イ・リ〜ハウ・コ〜・レイ・ナニ♪という歌い出しで、マウイ島とカピオラニ王妃をたたえるチャントをアレンジしたメレ。

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティストは?

ナプアがアウアナ曲としてレコーディングしています。

Nāpua
ナプア

ナプアのアルバム『Mōhalu』(2010) に収録。

3.歌詞

Aia I Līhau Ko Lei Nani
(作詞:Mrs. Paʻupaʻu)

Aia i Līhau ko lei nani
ʻO ke aʻe lehua i poe e ka manu
I haku ʻia maila e ka lau makani
ʻO ka noho a Piʻilani, ua laʻi lua ē

Elua nei Hauola kahi manaʻo
Ka makani huli lua ʻo ka Maʻaʻa
Hanohano ka ʻōpua i ka mālie
I ke kau a ke ao i Maunalei

Alia ʻoe lā e Haleakalā
E ālai nei iā Kaʻuiki
Ua maikaʻi ke alo o Piʻiholo
I ka noho a ka ua ʻUlalena ē

Haʻina ke aliʻi nona ka lei
ʻO Kapiʻolani ka ʻiu o luna
Aia i Līhau ko lei nani
ʻO ka noho a Piʻilani, ua laʻi lua ē

Nāpua のアルバム『Mōhalu』 より

4.作者は?

作詞

Mrs. Paʻupaʻu
(チャントの作者)

作曲

Nāpua Makua

5.解読のポイントは?

解読の難易度

カピオラニ王妃に捧げられたチャント「アイア・イ・○○○・コ・レイ・ナニ」シリーズのひとつ、マウイ島が舞台のメレです。マウイ島のクムフラ・シンガー、ナプアさんによってアウアナ曲にアレンジされ新たな生命が吹き込まれましたね。

CのキーからD、そしてEへと転調していくのがまた素敵♪

言葉数:ボキャブラリーは44語と多めなので+0.5

言葉の難しさ:ハワイ語初級者には辞書が必要な、メレ頻出度が低めの言葉が少しあるので+0.5

補足情報:歌われている地名の場所はどこか、実際の景色はどんなか、メレの舞台の地理・歴史・文化的知識を持つことで理解が深まるメレなので+1

ということで解読の難易度は3

ぜひ自分で解読に挑戦してみましょう。

このメレの歌詞をしっかり理解したいあなたは、会員限定のオンデマンド講座でまずは基本文法の知識を身につけて、さらにメレ解読講座でより深く学んでくださいね。

“踊らない”フラ教室会員の方は
こちらから直接アクセスできます。

6.キーワードをチェックしよう

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

地名

このメレには地名が六つ出てきます。

Līhau
リハウ

マウイ島ラハイナの山の名前

Hauola
ハウオラ

マウイ島ラハイナの古代サーフィンエリア

Maunalei
マウナレイ

ラナイ島北東部にある渓谷の名前

Haleakalā
ハレアカラ

マウイ島東部にある標高3055メートルの火山の名前

Kaʻuʻiki
カウイキ

マウイ島東部ハナの岬の名前

Piʻiholo
ピイホロ

マウイ島ハイクにある山の名前

固有名詞・人名

このメレに固有名詞・人名が四つ出てきます。

Piʻilani
ピイラニ

【人名】16世紀にマウイ島を統治した王の名前

Maʻaʻa
マアア

【固有名詞】マウイ島ラハイナに吹く風の名前

ʻUlalena
ウラレナ

【固有名詞】マウイ島ハイクに降る雨の名前

Kapiʻolani
カピオラニ

【人名】ハワイ王国の王妃、カラカウア王の妻の名前

動植物

このメレには動植物が三つ出てきます。

aʻe
アエ

【植物】アエ、マウアのマウイでの呼び名

lehua
レフア

【植物】ハワイ固有種オヒアの木につく花
※たくさん、たわわな状態を指す言葉としても使われます

manu
マヌ

【動物】鳥

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」44語
「糸の言葉」14語

「花の言葉」と「糸の言葉」ってなに?
…と思った方は次の項目へ。

7.花の言葉と糸の言葉とは?

「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

フラソングのハワイ語は、言葉の種類を見分けることができると解読が簡単になります。

「独学ではむずかしい!」という方は、オンデマンド講座で学べます。