メレノート

♪He Kāhehea I Nā Kini Aʻo Lilinoe[ヘ・カヘアヘア・イ・ナ・キニ・アオ・リリノエ]

この記事は、フラソングのハワイ語詞を自分で理解したい方向けです。解読のためのヒントが得られます。

1.ひとこと解説

♪ヘ・カ〜ヘアヘア・イ・ナ・キニ・アオ・リリノ〜エ♪
という歌い出しで、マウナケアの女神リリノエをたたえ、子孫であるハワイアンの繁栄を願うメレ。

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティストは?

カラニ・ペアがレコーディングしています。

Kalani Peʻa
カラニ・ペア

カラニ・ペアのアルバム『Kau Ka Peʻa』(2021) に収録。

3.歌詞

He Kāhehea I Nā Kini Aʻo Lilinoe
(作者:Frank Kawaikapuokalani Hewett)

He kāheahea i nā kini aʻo Lilinoe
Ka wahine noho i ka mauna a Wākea
Noho i ka uka ʻiuʻiu ke anu kēhau
Me nā āiwaiwa o ka wao akua

Hui:
E Lilinoe, e Lilinoe i ke kapu
Ka wahine o ka manomano wai o Mauna Kea
E Lilinoe, e Lilinoe i ke kapu
E ola e nā kini a mau loa

No Poliʻahu Lilinoe i ka wai hālikoliko
Hālikoliko a Kūikekualono
Nā ēwe kapu o Piko ʻo Wākea
He welo a Kawaikauikeaolani

Māhuahua nō ka pua o ka māmane
Nā pua ʻōlikoliko liko i ka luna
E ō mai e nā kini hānau o ka mauna
Mau nō ke koko o nā kini moʻopuna

Kalani Peʻa のアルバム『Kau Ka Peʻa』 より

4.作者は?

Frank Kawaikapuokalani Hewett
フランク・カワイカプオカラニ・ヒューエット

5.解読のポイントは?

解読の難易度

軽やかで洒落た曲のサウンドとは裏腹に、深い深いハワイの教えとメッセージが込められている素敵なメレです。ぼくなりに読み取った内容をオンデマンド講座の音声講座で語りました。

言葉数:ボキャブラリーは38語とやや多めなので+0.5

言葉の難しさ:ハワイ語初級者には辞書が必要な、メレ頻出度が低めの言葉がやや多めなので+1

補足情報:歌われている地名の場所はどこか、実際の景色はどんなか、メレの舞台の地理・歴史・文化的知識を持つことで理解が深まるメレなので+1

その他:神話の要素とからめて詩的に紡がれたメッセージを読み取る力も問われるので、さらに+1

ということで解読の難易度は4.5

ぜひ自分で解読に挑戦してみましょう。

このメレの歌詞をしっかり理解したいあなたは、会員限定のオンデマンド講座でまずは基本文法の知識を身につけて、さらにメレ解読講座でより深く学んでくださいね。

“踊らない”フラ教室会員の方は
こちらから直接アクセスできます。

6.キーワードをチェックしよう

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

地名

このメレには地名がひとつ出てきます。

Mauna Kea
マウナ・ケア

ハワイ島にあるハワイ最高峰の山の名前

固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名が五つ出てきます。

  • Lilinoe
    リリノエ
  • Wākea
    ワケア
  • Poliʻahu
    ポリアフ
  • Kūikekualono
    クイケクアロノ
  • Kawaikauikeaolani
    カワイカウイケアオラニ

神話に出てくる名前

動植物

このメレには動植物がひとつ出てきます。

māmane
ママネ

【植物】マメ科のハワイ固有種。黄色い花の房をつける。

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」38語
「糸の言葉」14語

「花の言葉」と「糸の言葉」ってなに?
…と思った方は次の項目へ。

7.花の言葉と糸の言葉とは?

「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

フラソングのハワイ語は、言葉の種類を見分けることができると解読が簡単になります。

「独学ではむずかしい!」という方は、オンデマンド講座で学べます。