メレノート

♪Ka Nohona Pili Kai│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[カ・ノホナ・ピリ・カイ]

Ka Nohona Pili Kai
(作詞:Puakea Nogelmeier / Kealiʻi Reichel、作曲:Begin)

Pā hanu mai ka pua ehu o ke kai
E holu nape ana i ka lau kī
Me he leo ʻaʻala i māpu mai
E heahea mau nei

Hui:
Aloha ē, aloha nō
Aloha ka hāliʻaliʻa mau
He nani ē, he nani nō
He nani ka nohona pili kai

Lauele ka manaʻo i ke aumoe
Hiaʻā i ka ʻūlāleo o ke kai
Kaʻiawe ka hāʻupu aloha
E hoʻomālie mau nei

He pilikana ka malu ulu niu
Hei mai ana me ka pōhuehue
A he wehi hoʻi ko hiʻikua ē
E kāhiko mau nei

Puana ʻia no ka ehu o ke kai
Ia hanu ʻaʻala o ke aumoe
Moe aʻe ke ala e ʻalo ai
E hoʻolale mau nei

歌詞のハワイ語表記について
当ブログ内のハワイ語は、基本的に『Hawaiian Dictionary(Mary Kawena Pukui & Samuel H. Elbert 著)』の表記に準じて記載しているため、CDの歌詞カードとは異なる表記になっていることがあります。

1.曲名

Ka Nohona Pili Kai
カ・ノホナ・ピリ・カイ

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

  • Kealiʻi Reichel ケアリイ・レイシェル

3.作者

作詞:
Puakea Nogelmeier プアケア・ノゲルマイアー
Kealiʻi Reichel ケアリイ・レイシェル

作曲:Begin
(「涙そうそう」のメロディー)

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

4.地名

このメレに地名は登場しません。

5.固有名詞・人名

このメレに固有名詞・人名は登場しません。

6.動植物

このメレには植物の名前が三つ出てきます。

  1.  キ

    【植物】ティー

  2. niu ニウ

    【植物】ヤシ

  3. pōhuehue ポフエフエ

    【植物】ハマヒルガオ

7.一言解説

♪パ〜・ハヌ・マイ・カ・プア・エフ・オ・ケ・カイ♪
という歌い出しで『涙そうそう』のメロディーを借りて、思い出が詰まった海辺の家への強いアロハを伝えるメレ。

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」42語
「糸の言葉」18語

花/糸の言葉の
コンセプト
については

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

よしみだいすけのオンデマンド講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

楽しくハワイ語を学びたいあなたは
画像をタップ!