メレノート

♪Heha Waipiʻo[ヘハ・ワイピオ]

この記事は、フラソングのハワイ語詞を自分で理解したい方向けです。解読のためのヒントが得られます。

1.ひとこと解説

♪カウラナ・クウ・ホメ・プニ・ワイピ〜オ♪
という歌い出しで、ハワイ島ワイピオの美しい情景に、なにやら不穏なムード漂う歌詞を重ねて、軽快で楽しげな曲に仕上げられた不思議なメレ。

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティストは?

多くのアーティストがレコーディングしています。

Keauhou
ケアウホウ

ケアウホウのアルバム『I Leʻa』(2022) に収録。

その他のアーティスト

  • Waipuna
    ワイプナ
  • The Sunday Manoa
    サンデー・マノア
  • Hoʻokena
    ホオケナ

など

3.歌詞

Heha Waipiʻo
(作者:Sam Liʻa Kalāinaina, Sr.)

Kaulana kuʻu home puni Waipiʻo
Me nā peʻa nani o ka ʻāina
Kākela he hale aliʻi
Herode kuʻu hoa like
Mōʻī puni haʻakei

Kukuna o ka lā koʻu kapa ia
E ʻōlino nei a puni ka honua
Auē a i luna lilo
Lihi launa ʻole mai
Nā aliʻi nui o ke ao

E oʻu mau kini, nā makamaka
Me nā kupa o ka ʻāina
Me ka wailele aʻo Hiʻilawe
Koʻiawe maila i luna
Koʻiawe mau i nā pali

ʻAʻole pēlā ka ʻoiaʻiʻo
Hakuʻepa loko ʻino o ka makamaka
Ua like nō a like
Me nā kini lehulehu
O kuʻu one hānau

E ola māua me aʻu kini
Me aʻu lei o nēia ʻāina
Pulupē i ka hunakai
Ka iʻa mili i ka lima
Heha Waipiʻo i ka noe

Haʻina ʻia mai ana ka puana
No ka lei hapa pua Sepania
He kupa no ka ʻāina
E kipa mai ma loko
Haleʻiwa beautiful home

Keauhou のアルバム『I Leʻa』より

4.作者は?

Sam Liʻa Kalāinaina, Sr.
サム・リア・カライナイナ・サー

5.解読のポイントは?

解読の難易度

このメレはぼくにとってずっと謎でした。

楽しげだったり幸せそうだったりするのに、歌詞の中に不穏な言葉がいくつか散りばめられているからです。

でも、つい先日すべての謎が解けたので、音声講座で語り尽くしました。

言葉数:ボキャブラリーは66語ととても多いので+1

言葉の難しさ:ハワイ語初級者には辞書が必要な、メレ頻出度が低めの言葉がやや多めなので+1

補足情報:歌われている地名の場所はどこか、実際の景色はどんなか、メレの舞台の地理・歴史・文化的知識を持つことで理解が深まるメレなので+1 さらに、メレが生まれた背景、だれに捧げられたのかを知ることでより理解が深まるので+1

ということで解読の難易度は5

まずは基本文法知識を身につけて、解読に挑戦してみましょう。

このメレの歌詞をしっかり理解したいあなたは、会員限定のポッドキャストと単語リストでより深く学んでくださいね。

“踊らない”フラ教室会員の方は
こちらから直接アクセスできます。

6.キーワードをチェックしよう

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

地名

このメレには地名が三つ出てきます。

Waipiʻo
ワイピオ

ハワイ島北海岸にある渓谷、谷、湾の名前

Hiʻilawe
ヒイラヴェ

ハワイ島ワイピオ渓谷の奥に流れ落ちる滝の名前。滝の高さはハワイ一。

Sepania
セパニア

スペイン

固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名が二つ出てきます。

Herode
ヘロデ

【人名】紀元前1世紀のユダヤ王

Haleʻiwa
ハレイワ

【固有名詞】家の名前

動植物

このメレに動植物は登場しません。

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」66語
「糸の言葉」20語

「花の言葉」と「糸の言葉」ってなに?
…と思った方は次の項目へ。

7.花の言葉と糸の言葉とは?

「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

フラソングのハワイ語は、言葉の種類を見分けることができると解読が簡単になります。
YouTubeでも語っていますので、ぜひ観てね。

「独学ではむずかしい!」という方は、まずはオンライン講座で基本をざっくり学んでしまうのがオススメです。
なかなか日程が合わない方はオンデマンド講座でも学べます。

フラダンサーのためのハワイ語文法が学べるオンライン講座 あなたは自宅から、講師はハワイから、Zoomでつながってハワイを感じながら学べる講座です。 1.どんなことが学べる? ...