メレノート

♪Mahalo E Hilo Hanakahi[マハロ・エ・ヒロ・ハナカヒ]

この記事は、フラソングのハワイ語詞を自分で理解したい方向けです。解読のためのヒントが得られます。

1.ひとこと解説

♪マ〜ハロ・エ・ヒロ・ハナカ〜ヒ♪
という歌い出しで、レフアとマイレ香るヒロの愛すべき人々をたたえるメレ。

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティストは?

ナ・パラパライがメドレーでレコーディングしています。
そのほか、ジェノア・ケアヴェ、作者のジョン・ピイラニ・ワトキンスのレコーディングなどがあります。

Nā Palapalai
ナ・パラパライ

ナ・パラパライのアルバム『Ke ʻAla Beauty』(2004)、『The Best of Nā Palapalai』(2010) に収録メドレーで収録。

その他のアーティスト

  • Genoa Keawe
    ジェノア・ケアヴェ
  • John Piʻilani Watkins
    ジョン・ピイラニ・ワトキンス

など

3.歌詞

Mahalo E Hilo Hanakahi
(作者:John Piʻilani Watkins)

Mahalo e Hilo Hanakahi
Me ka lehua aʻo Panaʻewa
Me ke aloha lā poina ʻole
O ka malihini

Ua nani uluwehiwehi
Ke ʻike aku i ka nani
Me nā kini makamaka aloha
O ka ʻāina

ʻO ʻoe ka heke o nā pua
Me ka lehua aʻo Panaʻewa
Me ka maile ʻala onaona lā
Poina ʻole ia

Haʻina mai ka puana
Mahalo e Hilo Hanakahi
Me nā kini makamaka aloha
Mahalo a nui

Nā Palapalai のアルバム『Ke ʻAla Beauty』『The Best of Nā Palapalai』に収録された「Hilo Medley – Mahalo E Hilo Hanakahi / Hilo Ē」より聴き取り

補足
ナ・パラパライのレコーディングでメドレーで一緒に歌われている曲

Hilo Ē
(作者:Kapulanakēhau Tamure)

Hilo, Hilo Hanakahi
E ō mai ʻoe i kou inoa
Home i ka ua kani lehua
Me kōna ʻala, pua nani ē

I wili ʻia me ka maile aʻo Panaʻewa
Me kōna ʻala, onaona i ka ihu

Nā Palapalai のアルバム『Ke ʻAla Beauty』『The Best of Nā Palapalai』に収録された「Hilo Medley – Mahalo E Hilo Hanakahi / Hilo Ē」より聴き取り

4.作者は?

John Piʻilani Watkins
ジョン・ピイラニ・ワトキンス

5.解読のポイントは?

解読の難易度

メリーモナークのホーム、ハワイ島ヒロをたたえるフラソングの定番のひとつ。フラダンサーの基礎知識として、この歌詞はおさえておきましょうね。

言葉数:ボキャブラリーは32語とやや多めなので+0.5

言葉の難しさ:ハワイ語初級でも親しみのある、メレ頻出度が高めの言葉が多いので+0

補足情報:歌われている地名の場所はどこか、実際の景色はどんなか、メレの舞台の地理・歴史・文化的知識を持つことで理解が深まるメレなので+1

ということで解読の難易度は2.5

ぜひ自分で解読に挑戦してみましょう。

このメレの歌詞をしっかり理解したいあなたは、会員限定のオンデマンド講座でまずは基本文法の知識を身につけて、さらにメレ解読講座でより深く学んでくださいね。

“踊らない”フラ教室会員の方は
こちらから直接アクセスできます。

6.キーワードをチェックしよう

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

地名

このメレにはハワイ島の地名が二つ出てきます。

Hilo
ヒロ

ハワイ島東部の市、地区の名前
この地域を統治したアリイの名をとって、歌の中ではヒロ・ハナカヒという通称がよく使われる。

Panaʻewa
パナエワ

ハワイ島ヒロにある地名

固有名詞・人名

このメレには人名がひとつ出てきます。

Hanakahi
ハナカヒ

【人名】古代ヒロの首長の名前

補足
ナ・パラパライのメドレーで一緒に歌われている「Hilo Ē」には固有名詞がひとつ出てきます

kani lehua / Kanilehua
カニ・レフア

【固有名詞】ハワイ島ヒロに降る雨の名前

動植物

このメレには植物が二つ出てきます。

lehua
レフア

【植物】ハワイ固有種オヒアの木につく花

maile
マイレ

【植物】ツルニチソウの一種の低木

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」32語
「糸の言葉」16語

「花の言葉」と「糸の言葉」ってなに?
…と思った方は次の項目へ。

7.花の言葉と糸の言葉とは?

「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

フラソングのハワイ語は、言葉の種類を見分けることができると解読が簡単になります。

「独学ではむずかしい!」という方は、オンデマンド講座で学べます。