メレノート

♪Kawaihae Hula│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[カワイハエ・フラ]

Kawaihae Hula
(作者:Bill Aliʻiloa Lincoln)

‘Ike ‘ia (e) mākou ‘o Kawaihae
I ke kai nehe ‘ōlelo me ka ‘ili‘ili

Kau aku ka mana‘o no Puaka‘ilima
I ka nalu ha‘i maila o Ka‘ewa

Hō‘ike Poli‘ahu i ke kapa hau
Ho‘i ana i ka piko o Maunakea

Ha‘ina ‘ia mai ana ka puana
I ke kai nehe ‘ōlelo me ka ‘ili‘ili

1.曲名

Kawaihae Hula
カワイハエ・フラ

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

  • Bill Aliʻiloa Lincoln
    ビル・アリイロア・リンカーン
  • Mark Yamanaka
    マーク・ヤマナカ
  • Lim Family
    リム・ファミリー

    など

3.作者

往年のハワイ島出身コンポーザー、ビル・アリイロア・リンカーン作。

Bill Aliʻiloa Lincoln
ビル・アリイロア・リンカーン

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

4.地名

このメレには、ハワイ島の地名が四つ登場します。

  1. Kawaihae カワイハエ

  2. Puaka‘ilima プアカイリマ

  3. Ka‘ewa カエワ

    カワイハエのサーフスポット

  4. Maunakea マウナケア

5.固有名詞・人名

このメレには人名がひとつ登場します。

  • Poli‘ahu ポリアフ

    マウナケアの雪の女神

6.動植物

このメレには動植物の名前は出てきません。

7.一言解説

♪イケ・イ〜ア〜・マ〜コウ〜・オ・カワ〜イハ〜エ〜♪
という歌い出しで、1950年以前のカワイハエの景色を描くメレ。

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

よしみだいすけのオンデマンド講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

楽しくハワイ語を学びたいあなたは
画像をタップ!