メレノート

♪Kananaka│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[カナナカ](2)

Kananaka
(トラディショナル)

Nani wale a ka mahina
ʻO ka līpoa o Kananaka
Poina ʻole aʻe hele ana lā
Hale halihali o ke kai

Haʻina mai ka puana lā
ʻO ka līpoa o Kananaka
Poina ʻole aʻe hele ana lā
Hale halihali o ke kai

歌詞のハワイ語表記について
当ブログ内のハワイ語は、基本的に『Hawaiian Dictionary(Mary Kawena Pukui & Samuel H. Elbert 著)』の表記に準じて記載しているため、CDの歌詞カードとは異なる表記になっていることがあります。

1.曲名

Kananaka
カナナカ

※同名異曲の記事はこちら

♪Kananaka│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[カナナカ](1) Kananaka(トラディショナル)ʻO ka pā mai a ka MaʻaʻaHalihali mai ana lā i ke ...
だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

  • Amy Hānaialiʻi Gilliom
    エイミー・ハナイアリイ

その他、たくさんのアーティストがレコーディングしています。

3.作者クレジット

トラディショナル

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

4.地名

このメレに地名は登場しません。

5.固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名がひとつ出てきます。

  • Kananaka カナナカ

    【人名】ラハイナの人魚の名前

6.動植物

このメレには植物の名前がひとつ出てきます。

  • līpoa リポア

    【植物】海草の名前

7.一言解説

♪ナ〜ニ・ワ〜レ・ア・カ・マ〜ヒ〜ナ♪
という歌い出しで、海に住む人魚と月夜の美しさを伝えるメレ。

だいすけ

このメレに紡がれているのは
「花の言葉」13語
「糸の言葉」9語

花/糸の言葉の
コンセプト
については

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

 月に1回やってます 

よしみだいすけのオンライン講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

ストアカ入門

フラダンサーのためのハワイ語文法が学べるオンライン講座 あなたは自宅から、講師はハワイから、Zoomでつながってハワイを感じながら学べる講座です。 1.どんなことが学べる? ...