メレノート

♪Kaloaloa│言葉にマナを乗せて踊るためのフラソング歌詞・解説[カロアロア]

Kaloaloa
(作者:John Piʻilani Watkins)

Kaulana mai nei ʻo Kaloaloa
ʻO puʻu kaimana pua kalaunu

Ke kani kapalulu kahi mokulele
ʻO kuʻu aloha aʻe kēia

Hoʻokipa ʻia mai ke aloha
Me pua kalaunu kau i ka ʻiu

Haʻina ʻia mai ana ka puana
ʻO puʻu kaimana e hulali nei

1.曲名

Kaloaloa
カロアロア

だいすけ

メレの基本情報を確認していきましょう。

2.アーティスト

  • Genoa Keawe
    ジェノア・ケアヴェ
  • Hui ʻOhana
    フイ・オハナ

そのほかにも多くのアーティストがレコーディングしています。

3.作者

作者は、クムフラでソングライターのジョン・ピイラニ・ワトキンスです。

John Piʻilani Watkins
ジョン・ピイラニ・ワトキンス
(1928-1983)

だいすけ

ではこのメレのキーワード(特定の名前)をチェックしましょう。

4.地名

このメレには、地名がひとつ登場します。

  • Kaloaloa カロアロア

    オアフ島にかつてあった地名

5.固有名詞・人名

このメレには固有名詞・人名は登場しません。

6.動植物

このメレには植物の名前がひとつ登場します。

  • pua kalaunu プア・カラウヌ

    クラウンフラワー

7.一言解説

♪カウラナ・マイ・ネイ・オ・カロアロア・ラ〜♪
という歌い出しの軽快なフラソング。
曲名のカロアロアは、ホノルルの空港建設のため消えた1950年代まで存在した町の名前。

花の言葉と糸の言葉


「ハワイの歌は言葉を紡いだレイ」だとハワイの人は言います。
メレの中には大きく分けて2種類の言葉があります。レイにたとえるなら、「花の言葉」と「糸の言葉」です。

「花の言葉」は、単体で意味を持って存在できる語。品詞でいうなら名詞、動詞、形容詞、副詞です。

「糸の言葉」は、歌詞を構成する文や句を作るために「花の言葉」をつなげる役割をする語です。品詞でいうなら前置詞、接続詞、冠詞などです。歌詞の構成要素としてあらゆる歌に繰り返し現れますが、その役割を知ってしまえばいちいち調べる必要はない言葉たちです。

「花の言葉」と「糸の言葉」のしくみを学ぼう!
オンデマンド教室はこちら

よしみだいすけのオンデマンド講座

「ハワイ語はむずかしい」
「辞書をいくら引いても自分で理解できない」
…と思っていませんか?

楽しくハワイ語を学びたいあなたは
画像をタップ!